【見守ることが育てる】

何か、相手に変わってほしいことがある時、どうしますか?

だいたいのみなさんが、言葉で伝える ということをしませんか?

「こんな風にしたら?」

「こうしたら、こうなるんじゃない?」

そのうち、

「なんで、こうこうしないの?!」

「こうすればいいっていってるのに!!」

と、相手を責めてしまうように。

もう、こうなったら相手はイヤな気持ちしか残らず、イヤイヤやったり、もしくは、もうしない!!って決めてしまったりするかもしれません。

これは、子どもとか旦那さんとか、親しい人にやりがち。

なかなか、相手が変わるまで  見守る ってことが難しいですよね。

もし、ほんとに 相手の気持ち になることができたなら

ほんとはどんな風に接してほしいのか

どんな風に言葉かけをしてほしいのか

どうしたら、動けるようになるのか

わかるかもしれないですよね。

アロマカードセッションやカウンセリングでは、本人の気持ちを大事にしつつ、

相手に寄り添えるように 体感 してもらうことがあります。

それによって

パートナーとの関係性が変わり、相手に何かしてあげてないとイヤだったのが、見守り、応援し、励ます ということができるようになった!

そのおかげで、相手が大きく変わり、

・お互いの売り上げ(自営業)が毎月上がるようになった

・好きなことができるようになった

と、自分しか受けてないのに、相手まで変わりました!

ということもよくあります。

大切な人にほど、自分の気持ち や 想い ってわかってもらいたいものですよね。

でも、自分の気持ちをコントロールできるようになると、わかってもらいたい という気持ち も減って、相手に言わなくてもいい(見守ることができる)になるかもしれません。

見守ることが、相手を育てることにつながります♡

 

3月アロマカードセッション 残7枠となりました。

アロマカードセッション、カウンセリングのお申込み、お問い合わせはコチラ→🌟