こんばんは。猪本です。

 

土曜日から娘が修学旅行でいませんでした。

なので、1週間1人。

産まれて初めてかもしれません、1週間1人って。

産まれてから24才まで実家で生活して、一人暮らしはしたことないまま、結婚して。

28才で出産したので、それから娘と1週間離れるということはなかったです。

もともとわたしは

1人でいることが無理でダメな人だったんです。

33才で離婚してから、娘がパパのところに行ったり、いない日は約束を入れたりして絶対1人にならないようにしてました。

ホテルとかも1人で泊まるのは無理だったし。

それがだんだんとカウンセリングを受けていくうちに1人でいてもさみしく思わなくなってきました。

娘が泊まりに行ったりしていなくても、出張などで1人で泊まっても大丈夫になりました。

そして今回、

全然大丈夫でした。

いえ

かえってラクだなーって思えてました。

 

そして新しいことにも気づきました。

 自分のことだけに時間を使えることに楽しいって思える。

自分の心地よいこと、好きなこと、したいこと、

やってる風で、知ってるようで、実は自分にしてあげてなかったのかもしれません。

人に合わせることや

いろいろ気にしてしまうこと

これらが自分が思うよりも敏感で

自分のことは後回しにしてました。

この1週間、ずっと1人ぼっちではなくて

お友達とご飯食べに行ったり、懇親会も入ってました。

でも

さみしくて 埋めてるのではなく

自分の行きたいところに、会いたい人と楽しむために、予定をいれるのでは

全然違うんですね。

 

さみしさって

人にうめてもらうのではなく

愛を感じられる、安心を感じられる自分になれればいいんだって

とても最近思うのです。