いつもありがとうございます。ブンガブンガの猪本です。

 

新学期、新生活スタートの季節ですね。

ワクワクやドキドキ、ウキウキすることもたくさんありますが、

その気持ちの裏側には、

不安だったり、心配だったりする気持ちが隠れていることが多いような気がします。

うちの娘ちゃんもクラス替えがあり、仲の良いお友達が1人もいないとわかると、

「この1年終わったわ。。」「絶対クラスになじめない」「このクラスで修学旅行なんてありえない」

など、不安をぶつけてきました。

もしかして、そう思っていても口に出せないタイプの子供ちゃんもいるかもしれませんね。

子供に不安をぶつけられたり、またはそう感じたりすると、わたしたち親はどうにか気持ちを落ち着かせてあげたい一心から

「大丈夫だよ、すぐお友達できるよ」「そんなこと言わないでがんばってみようよ」

と、アドバイスしがちですよね。

わたし達親がしてあげられることは、アドバイスも大切だけど、不安や心配、緊張を少しでも和らげてあげることかもしれません。

「そう思って不安なんだね。」

と、一回そう思っている気持ちを受けとめてあげてね。それだけで、子供の気持ちはだいぶ安心できるのです。

 

そうそう、うちの娘ちゃんも、3日目には

「新しいお友達できた!!楽しくなりそう!」

なんて、言ってきました。

お友達1人できるかできないかでこの時期は大きく気持ちが左右されますね。

そんな時、わたし達親は気持ちを受けとめて味方でいてあげたいものです(*´꒳`*)